量子力学で見るM字ハゲ

人気記事ランキング

ホーム > 車査定 > メーターの数字である程度決められる

メーターの数字である程度決められる

車査定については、運転している走行距離の長さによって、ある程度の査定金額が決められることになっています。これは、メーターの数字で判断されることになり、通常通りに利用しているなら、メーターの数字はどんどん増えて、一定の距離がわかるようになっています。この数字を見ながら、一応車査定が実施されることになります。

最近では、メーターを増やさないようにして、わざと距離を稼いでいないように見せている方法もありますが、それを利用してもわかってしまいます。他の部分の査定もしっかり行っていることで、本当にメーターの数字が正しいのか、何か不正をしていたことが無いかを判断している部分もあります。

車査定というのは、基本的に走行距離に基づいて、最終的な査定に繋がることとなります。幾つかのラインが設定されていて、このラインを超えてしまったら、減額の幅を大きくするようないシステムが多く、距離が長ければ長いほど査定は安くなります。

走行距離10万キロ以上の車は売れる?5万キロ超えは?